腰痛の原因①日本人の国民病

あるデータによると、病院に行く原因のナンバー1と2が腰痛、肩こりと書いてあり、それぐらい悩まれる方が多い症状だと思います。

実際に厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査」によると

次回:腰痛の原因②一気功師の知見

 

あるデータによると、病院に行く原因のナンバー1と2が腰痛、肩こりと書いてあり、それぐらい悩まれる方が多い症状だと思います。

実際に厚生労働省が発表している「平成25年国民生活基礎調査」によると
「有訴者数(6歳以上),健康意識・最も気になる症状・性別
(対象:37,904人)」では、

腰痛(5,224人)、肩こり(2,855人)、手足の関節が痛む(2,717人)の3つの症状が特に多く〈次点は、咳や痰が出る(1,680人)〉、

その中でも腰痛が圧倒的に多いです。

私自身も20台から悩まされ、その間、痛かったりそうでなかったりを繰り返し、気功能力に目覚めてから自己治療を開始し、他にもヨーガ、骨格矯正、鍼、ジムなどに定期的に通ってほぼ再発がなくなり、治った!と言えるまでには10年以上掛かりました。

そういった意味では、身近な割には「治す(症状が二度と出ない)」には難儀な病気だと思います。
私の治療院に来られる方々でも最も多い症状です。

以上を踏まえて、私の体とお客様の治療を通して、腰痛の原因と対策、治し方などを書いていきたいと思います。

因みに私の定義で腰痛とは、

「大体、お腹から足の付根の間で背中側に(腰椎~尾骶骨の体の部位)に発する痛み」

とします。