腰痛の治療②頭蓋骨のズレや歪みや傷(顎ら辺)2

さて、頭蓋骨のズレや歪みや傷の続きです。

頭蓋骨のちょっとしたズレや傷の大きな負の影響は前回も述べましたが、

今回も補足します。

アンドルー・ワイル 著『癒す心、治る力 自発的治癒とはなにか』に

前回:腰痛の治療①頭蓋骨のズレや歪みや傷1

次回:腰痛の治療③頚椎の歪みの矯正

さて、頭蓋骨のズレや歪みや傷の続きです。

頭蓋骨のちょっとしたズレや傷の大きな負の影響は前回も述べましたが、

今回も補足します。

 

アンドルー・ワイル 著『癒す心、治る力 自発的治癒とはなにか』に

出てきた非常に優れた手技を発揮するボプ・フルフォード氏は、

どんな症状や病も数秒の「頭部への手技」で治してしまうそうですが、

その方が常々言っていたことは、

「幼少期などの頭部の傷などは全身に影響を及ぼす」でした(抜粋されたその部分の内容http://www.mizuho-s.com/annnahanasi/ak183.htm)。

 

また、くれぐれも首と頭蓋骨をいじるときには慎重にお願い致します。

施術の時に強引に整えて、された方の体のつながりが壊れ、

最悪半身不随や慢性不調になることがあります。

 

その内に書くと思いますが、私の自己治療の経験では、

首の1-3頚椎を主になおした後に頭蓋骨のズレ等の手による矯正時、

3日連続で合計10時間以上揉んだ後に、

一気にズレと詰まりがとれ、血流が体感で増加し、

頭を中心に全身で「血が淀んでいた場所=ズレなど」を癒やしましたが、

一気にとったために全身に血流が「どばっ!」と行き渡り、

体中がずっと熱くなり、3日間は心臓がバクバクいって眠れず、7日間は睡眠障害になりました

正直、「これ(体に)大丈夫かな?」というレベルでした。

 

さて、次は顎ですが、この部分もご自身で「歪み」を緩めることができます。

 

因みに私自身の慢性病の一つに

「虫歯がとても多い(ほぼ全ての歯に治療の後か義歯があります)」がありますが、

これは上下の顎の左右方向への大きなズレと辛い時に奥歯を噛みしめる癖とこめかみからくる緊張から来ています。

 

 

何しろ、5年以上前は鏡で見ると、

上下の顎を比べると下顎が左に3mm!以上ずれていました。

この「ズレ」の原因は、

乳児期~幼少期、小学校低学年、中学生の思春期などに「大きな負の感情」を抱き続けた時があり、

その時の「歯の強い食いしばり」と「歯ぎしり」が起こり、

それに「くよくよ症」「死にたい病」が脳と視神経に負担をかけ、

更に「激情」が心臓に大きな負担をかけ、

それが左肩甲骨(私の全ての歪みの中で最も強く大きく深い歪み)

→首の左→左顎に伝わったが原因だった思っています。

 

顎も非常に重要な部分で、「全身の力の起点や支点の一つ」です。

ここの食いしばりやバランスが運動や踏ん張れる力に大きく影響します。

また、部位的に神経・血管・リンパ管なども多く通り、

噛み合わせの具合はそのまま消化の良否に直結します。

 

運動・消化・血管などの流れに影響を及ぼすとても重要な部位であり、

ここがボロボロだと、生活そのものも覚束なくなると思います。

 

さて、顎のズレですが、

これもご自身のマッサージである程度は矯正できます。

腕の良い整体師さんは一発で「顎をはめる」事ができますし、

気功師も気を送ることでズレを直し、硬さをとるできます。

 

ご自身で行う場合、顎も他の部位と同じで

それを動かしたり覆う筋肉を緩めることで痛みが減ります」。

また、「歯ぎしり」「食いしばり」「それを起こす心理的要因」を減らすために

ヨーガの呼吸や気功体操やカウンセリングを受けるのもお薦めです。

それまでは、歯科に行って「ナイトピース(5千円)」を作ってもらい、

それをはめると歯ぎしりによる摩耗がなくなります。

 

マッサージのやり方は、以下を参考にしてください。

ポイントは頭と同じで

「周りと比べて痛いところを特に強く揉む」という方法です。

 

頭と違って、強く押しても問題ないと思います。

経験上、多くの人に特定のポイントは「激痛」が走りますので、

その場合は優しく押せば良いです。

「痛みがなくなるまで繰り返し、何ヶ月も掛けて」行うのが、

自己矯正のポイントです。

 

・顎の骨格

・顎周辺の筋肉(とても多くて複雑=多くの動きと機能を持っている)

・解す場所の参照(トリガーポイント)

また、次回書きますが、

頚椎のズレや歪みの矯正によっても顎関節は良い状態になります。

 

因みに、私は頚椎、胸椎、腰椎、骨盤、膝関節の矯正を自身で実行すると、

顎が痛くなり、その度に左顎のズレは減っていきました。

まさに「全身はつながっている」だと思います。

 

次は首(第一~第七頚椎)について書きたいと思います。

 

腰痛の治療①頭蓋骨のズレや歪みや傷1

次はいよいよ治療方法などを原因に沿って書きたいと思います。

取り上げ得る項目は、

心と体の根本の悩みと痛みを取り去る
気功師&カウンセラー

牧野行洋です。

前章:腰痛の原因1腰痛の原因6

次回:腰痛の治療②頭蓋骨のズレや歪みや傷(顎ら辺)2

○2章:腰痛の治療

1回目:腰痛の治療①頭蓋骨のズレや歪みや傷1

2回目:腰痛の治療②頭蓋骨のズレや歪みや傷(顎ら辺)2

3回目:腰痛の治療③頚椎の歪みの矯正

4回目:腰痛対策④内臓の解し方

5回目:腰痛対策⑤内臓の解し方2

6回目:腰痛対策⑥ストレス・激しい性格を改善する

7回目:腰痛対策⑦極度の全身の神経(や肉体等)の緊張を解す

○腰痛の原因

1回目:腰痛の原因1

2回目:腰痛の原因2

3回目:腰痛の原因3

4回目:腰痛の原因4

5回目:腰痛の原因5

6回目:腰痛の原因6

 

 

さて、腰痛の原因を書きましたので、

次はいよいよ治療方法などを原因に沿って書きたいと思います。

 

取り上げ得る項目は、

1.頭蓋骨・顎の歪み

2.背骨(頚椎・胸椎・腰椎)の歪み

3.肩・肩甲骨の歪み

4.内蔵の何処かの病気

5.ストレス・激しい性格

6.骨盤・臀部・股関節回りの筋肉の硬さ

7.極度の全身の神経の緊張

 

今日は、下記について書きたいと思います。

1.頭蓋骨・顎の歪み

 

ぶっちゃけ、多くの人は「頭蓋骨って歪むの?」と

思われると思いますが、

頭蓋骨は22個の骨でできており(頭蓋骨図http://www.takatsu-chiro.com/yougoshu/name-tougai.htm)、

かなり細かい骨も含まれております。

また、乳児期は頭頂部の骨がまだできておらず押すと凹みます。

 

この頭蓋骨は特に骨が成長しきらない10歳位までの間に転んだり、

頭をぶつけたりすることで歪んだり、凹んだりします。

 

勿論、大きな傷などは修復されますが、

他の部位と同じで骨には小さなヒビや歪み等が残っていることが多いです。

 

この小さなヒビや歪みが腰痛以外にも多くの症状を起こします。

何故なら、頭蓋骨に収まっている脳が、

人間の五感や思考や直感や感情や心臓の動きや

呼吸などの人間の生命・思考・運動活動などを全てか多くを司っているからです。

 

また、血流、ホルモン、免疫、神経などなどの動きも多くは

脳からの判断・司令で動いているので、

その働きが少し阻害されるだけでも、かなりの悪い影響が体全体にあります。

 

また、原因でも書いたように頭の傾き・歪みは、

構造上、全身に影響を及ぼします。

 

実際、肩甲骨から上の部分は他箇所に与える影響が大きく、

そこが整うと腰も整うということが屡々(しばしば)見られます。

例えば、頭の歪みを治したら、次の日に骨盤も整うといった形です。

 

ですので、人体の構造上、かなり離れていますが、

頭蓋骨のズレなどは腰痛にも大きく影響します。

 

・頭蓋骨図

・頭蓋骨筋肉

・押す場所の参考(トリガーポイント)

 

さて、その頭蓋骨のズレや小さな傷の治し方ですが、

気功だと気のエネルギーを送って体の修復能力を

高めて体がその傷等を塞ぐのを手伝いますが、

自分でやるのでしたら

「自身のズレや傷がある部分を軽く揉んだり、擦ったりする」

のが良いと思います。

 

やり方はhttp://sujikotu-seitai.com/zugaikotunoyugami/などを

参考にされると良いと思います。

 

ただ、頭蓋骨周りは非常に繊細で多くの重要な機能を担っていますので、

ご自身でやられる場合はゆっくりと行い、

例えば歪み修正で血流が良くなったりして、

頭痛が起こったりした時は一度止めて、暫く様子を見る方が良い

と思います。

それか、その道のプロの方に頼まれるのが良いと思います。

 

次回以降、もう少し頭蓋骨について加筆します。

 

施術家のお薦めメソッド

私は今まで、いくつかの健康/美容の増進・維持・管理の手法を実施してきました。結果として、腰か肩の痛みが柔らいだり、アトピーや冷え性が治ったりしました。

このページでは、自分の経験を踏まえて、それらの使い勝手などを書きます。

皆様の健康管理の一助になればと思います。

 

私は今まで、いくつかの健康/美容の増進・維持・管理の手法を実施してきました。結果として、腰か肩の痛みが柔らいだり、アトピーや冷え性が治ったりしました。

このページでは、自分の経験を踏まえて、それらの使い勝手などを書きます。

皆様の健康管理の一助になればと思います。

 

※注:

効果などについては実施される方の状態等に左右される部分が多いので、あくまでも書いてある内容は参考程度とし、実施する時は、他の情報も参考にしながら、まずは「軽く一週間」「試しにやってみる」位に行って、様子を見てから継続するかどうか決めてください。

ただ、どんなものでも体に変化を起こすには最低1-3ヶ月は続ける必要があると思っております。

 

■ヨガ
完全に市民権を得た万能健康法。継続して行うことで内臓・姿勢を整え、体の柔軟性が増し、インナーマッスルを増やし、瞑想は悩みやストレスを消滅させる。

また、1年以上続けると体重減、食事の摂取量の減少、精神の落ち着き、老化現象の足止めも起こる。

私自身は東南アジアのラオスで日本人のヨガマスターから教わり、以後5年(2010年時点)続けていますが、その奥深さにはただ驚くばかり。ただ、ヨガとは「自然と一体になるのが目的のため」、瞑想・呼吸・体操の3点セットでないと効果は低く、ジムがよく行う体操のみだとエアロビの一種で筋トレになる。

呼吸だけでも取り入れると全然違います。
頻度:できれば毎日(週1だと気晴らし程度になる)、最低週2、3日は必要。

■健康ジュース
大学受験の時に母親が作ってくれた、根菜を何時間も煮込んだスープ。摂取した1年間は無病息災で例年苦しんでいた花粉症、鼻炎、夏風邪、かゆみなどが一切なかった。ただ、色が薄茶色で味が土味(実話)のため、ありえないほどまずい。今は市販もある。
頻度:一日一回(鼻をつまんでなにも考えずに飲む)

■足つぼ(台湾式リフレクソロジー)
台湾式の足裏のツボをゴリゴリやる方。足には全身のつぼがあり、それを片足15分、両足30分ほど棒で順番に沿って刺激し、終わったら暖かいお茶を飲んで血液の循環を助ける。

10年以上実践しているが、特に内臓系の疲れには非常に効く。自分で覚えるといつでもどこでもできるために便利。

頻度:一日一回、多くて2回(朝、晩)

■手ツボ・耳ツボ
手や耳にも全身のツボがある。それを5~10分位刺激する。足ツボほど効かないが、急なめまいや頭痛などには良く効く。事務仕事の心強い味方。
頻度:1日2,3回

■水泳
代表的な健康維持スポーツ。全身運動で体全体の疲れを取ったり、ストレスを減らすのに役立ち、体力増強にも有力。更に膝や腰に痛みや負担が起きにくい。

泳いでも歩いても良い、マイペースが一番。
頻度:週2,3回が望ましい

■ジョギング
代表的な健康維持スポーツ。適度な速度で定期的に走れば、ストレス解消と体力増強によい。やりすぎは膝を壊して逆効果。

ちなみに私はこれが高じて、フルマラソンを完走したことがあります。
頻度:週に2,3回

■食事
マクロビオティック、食育などを色々試して、私は粗食の定番メニュー(玄米+野菜+味噌汁で腹6分目)の後に、分子栄養学に基づく、糖質制限+ビタミン・ミネラルに落ち着きました。

「体は食べ物でできている」ので、体調などが改善されます。
頻度:最低1日1回

■骨盤調整、APバランス、マッサージ
主に腰や肩や背中の痛みなどに効く骨格矯正や揉むことによる疲労を拡散し、体を整える。一時期はまり、月に2度位通っていたが、「受けた時は痛みが消え、1,2ヶ月は持つが、根本的に直せない対処療法」という結論になり、肩こりや腰痛の原因となる「姿勢」とそれを形作る「骨格」「体重移動」を直すことに関心を向ける。
頻度:月1,2回

■断捨離
不要/不使用/不急なものは全て捨てて身軽になることとで、人生/行動/頭が全て軽くなり、その結果健康になる。人間は「余裕(スペース)」がないと新しいことが始められず、結果、今日と同じ日がくる(停滞してしまう)。捨てれば捨てるほど効果があります。
頻度:適宜(初めて行われる方は3割以上は捨てます。)

■西野式呼吸術
まったく容姿の衰えない由美かおるさんも在籍する健康教室。西野バレエ団創立者の西野皓三氏が自らの体験・知識・修行により独自の呼吸運動を開発され、それを元に教室を開かれた。バレエや武道の動きを取り入れた体操、丹田(臍下にあるチャクラ・エネルギーの集積地)を意識した呼吸、お互いの”気”で押し合う「対気」が特徴。これらにより心体が柔らかくなり、体中に活力が湧く。「細胞を活性化する」というのが西野氏の持論だが、確かに教室では80代のご婦人でも走りまわったりするくらいエネルギーが満ちており、いつみても驚かされる。お薦め。
頻度:週1回

■風水
中国から輸入された場(土地や建物や部屋の気の流れを整えることで幸運をもたらすという考えの哲学・技術。本(松永修岳氏著)に書いてある通りに「玄関を毎日掃除し、綺麗にする」「部屋を整頓し、気の流れが良くなる家具配置・配色をしたり、絵・植物を置く」等を行うと頭がすっきりし、気持ちが落ちいた。確かに効果がある。
頻度:?