腰痛対策⑭骨盤回りの筋肉の解し

 

前回:腰痛対策⑬骨盤周りの骨格と筋肉の構造

次回:腰痛対策⑮骨盤回りの筋肉の解し方 坂戸式メソッド

さて、前回は骨盤回りの押す部分(トリガーポイント)まで書きました。

経験上言えるのは、骨盤回りは頭から腰まで効果があったこの方法が、

ご自身で行う場合はあまり効果がないことが多いです。

 

それは、筋肉の層が分厚い/広いこと、奥の層(大腰筋や腸骨筋など)

の重要な筋肉には指圧では力が届きにくいことがあります。

 

 

そこで代わりに使うのが、ヨガやストレッチのポーズや

何度か出てくる坂戸式メソッドか、

私が通っているジムであるワールドウィングの器具です。

 

今日はヨガやストレッチのポーズについて書きたいと思います。

ちなみにヨガも10年以上続けていますが、

日本でヨガとして知られているのは、主にポーズと呼吸を組み合わせた

ものですが、ヨガ発祥の地であるインドではこれをハタ・ヨーガといいます。

 

ほかの種類のヨガもあり、じっと一点を凝視するラージャ・ヨーガや

ひたすら神を讃えるバクティ・ヨーガなど何種類もの修行方法(ヨーガ)

があります。

 

さて、ポーズですが、足を頭にのせたりするような難易度の

高いハードなポーズではなくて、簡単なものでも効果は十分にあります。

 

下に挙げたポーズを息をゆっくり吐きながら1分くらい片足ごとに

行えばよいと思います。

ポーズの種類は何十もありますので、入門本を読まれてその中から、

現在のご自身にとってやりやすいポーズ(気持ち良い伸びや痛みを感じるポーズ)

を選んで毎日行うとよいと思います。

繰り返しますが、簡単で基本的なものでも骨盤回りには十分効果があります。

 

例えば、私は一番下の右側のポーズをとったとき、「ごきっ」と

何かがはまる音が鳴って腰椎の歪みが一つ戻り、腰痛の度合いが減りました。

びっくりするような本当の話です。

これらのポーズもお風呂上りに行われればより効果があると思います。

腰痛対策でもお勧めなのは水泳です。

水泳は全身運動で、それぞれの方のペースと

スキルと体力に合わせて泳ぐと不思議と全身の筋肉と

神経と頭の硬さが取れ、心地良い気だるさが訪れます。

しかも子供から老齢の方まで行え、

更に「腰と膝と足首を痛めずに行え」、

クロールと平泳ぎをすれば日常では

ほとんど動かさない「肩甲骨を動かせる」のも魅力的です。

 

今日はここまで。続きは次回に。

 

投稿者: 牧野行洋

東京の渋谷区在住のカウンセラー・気功師の牧野行洋と申します。 高校までは愛知県、大学進学とともに上京し、それ以降は関東圏にいます。 30歳位までは投資系金融会社やネット証券で会社員をしていましたが、気功能力に目覚めて思い切って独立。 さあ、やるぞ!という時に自分の心体がボロボロで80歳台!に老化していることに気づき、それを自己治癒している内に自分の体を通して心体の構造や仕組がよく分かるようになりました。 その過程でカウンセラーやリーディングの能力が開花したり、運動や栄養学などの知識・実践、お遍路や瞑想合宿などの体験をし、それをセッションや施術に応用することで技術が上昇していました。 これからも幅広く学び、お客様の心体の改善能力向上を続けたいと思います。 どうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です