腰痛対策⑨極度の全身の神経(や肉体等)の緊張を解す

前回:腰痛対策⑧ストレス・激しい性格を改善する

次回:腰痛の治療⑩首周りの筋肉を解す

○2章:腰痛の治療

1回目:腰痛の治療①頭蓋骨のズレや歪みや傷1

2回目:腰痛の治療②頭蓋骨のズレや歪みや傷(顎ら辺)2

3回目:腰痛の治療③頚椎の歪みの矯正

4回目:腰痛対策④内臓の解し方

5回目:腰痛対策⑤内臓の解し方2

6回目:腰痛対策⑥ストレス・激しい性格を改善する

7回目:腰痛対策⑦極度の全身の神経(や肉体等)の緊張を解す

腰痛の原因

1.頭蓋骨・顎の歪み

2.背骨(頚椎・胸椎・腰椎)の歪み

3.肩・肩甲骨の歪み

4.内蔵の何処かの病気

5.ストレス・激しい性格

6.骨盤・臀部・股関節回りの筋肉の硬さ

7.極度の全身の神経の緊張

漸く、腰痛の対策も最後の項目になりました!

今回は、全身の神経(と筋肉)の緊張の解し方を書きたいと思います。

ただ、筋肉については、今までの1-6でほぼ書いてきたので

追加で書くことがある時だけ書きます。

 

この状態は、多くの場合はリストラや大事故などの発生により、

心身にかなりの負荷をかけ続けたために、全身の神経(と筋肉)の

緊張していると疲労が溜まりやすく解消しにくく、

いわゆる「疲れが溜まりすぎて、休んでも休んでも疲労感が抜けない」状態が

続くことです。

また、判断力や反応も低下し、新しいことや少しした決断ができなくなります。

 

この状態になると、腰痛も含めて睡眠障害、集中力欠如、

コミュニケーション能力低下、転倒や接触事故など多くの

キツイことが起こりやすいです。

 

この状態から脱出するには、正直ご自身だけの力では難しいと思います。

なかなか難しいでしょうが、とにかく休む、休息を取る、事だと思います。

 

また、これまで何度も書いてきましたがお勧めなのは水泳です。

水泳は全身運動で、それぞれの方のペースとスキルと体力に合わせて泳ぐと

不思議と全身の筋肉と神経と頭の硬さが取れ、心地良い気だるさが訪れます。

しかも歩くだけでも相当効果があり、良い疲労感があります。

子供から老齢の方まで行え、更に「腰と膝と足首を痛めずに行え」、

クロールと平泳ぎをすれば日常ではほとんど動かさない

「肩甲骨を動かせる」のも魅力的です。

 

どの方法も取れない場合、そのまま慢性疲労を更に蓄積させることは

いつかはわかりませんが、倒れるか仕事や日常の大きなミスが起こると

思います。

たまに休みなしで仕事などを続けられる方もおられますが、

それだけの体の頑強さは才能ですので、自分や他人に求めるのは酷だと思います。

 

ただ、この状態に一度陥ったら決断力が低下して

なかなか「異常なこと自体にきづけない」ので、

その時の状況や体調などをよく覚えておいて、

それに嵌りそうになる一歩前で疲労回復を図る方が遥かに

容易でやりやすいと思います。

 

脅しではなく、

一度どこかが壊れた体を元に戻すには5-10年の期間とその間の

忍耐力とお金(その間に稼げたかもしれない収入も含みます)と

自己否定の事を考えると、

可能な限り避けた方が良いと思います。

 

 

○1章:腰痛の原因

1回目:腰痛の原因1

2回目:腰痛の原因2

3回目:腰痛の原因3

4回目:腰痛の原因4

5回目:腰痛の原因5

6回目:腰痛の原因6

○その他

1回目:ギックリ腰の原因と施術ポイント

今日も私のブログを読んで頂き、感謝致します。

あなたに多くの変化と豊かさが訪れますように♪

投稿者: 牧野行洋

東京の渋谷区在住のカウンセラー・気功師の牧野行洋と申します。 高校までは愛知県、大学進学とともに上京し、それ以降は関東圏にいます。 30歳位までは投資系金融会社やネット証券で会社員をしていましたが、気功能力に目覚めて思い切って独立。 さあ、やるぞ!という時に自分の心体がボロボロで80歳台!に老化していることに気づき、それを自己治癒している内に自分の体を通して心体の構造や仕組がよく分かるようになりました。 その過程でカウンセラーやリーディングの能力が開花したり、運動や栄養学などの知識・実践、お遍路や瞑想合宿などの体験をし、それをセッションや施術に応用することで技術が上昇していました。 これからも幅広く学び、お客様の心体の改善能力向上を続けたいと思います。 どうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です