腰痛対策⑤内臓の解し方1

今回はヨガのポーズを使った内臓の解し方を書きたいと思います。

前回:腰痛の原因④内蔵の病気との関係について

次回:腰痛の解消⑥ 内蔵を解す方法2

 

今回はヨガのポーズを使った内臓の解し方を書きたいと思います。

とはいっても、多くは骨盤まわりの解し方と変わらないです。

位置が重なっているから当然ですね。

 

ネットの画像検索で「内臓 緩める ポーズ」「胃腸 緩める ポーズ」

と入力すれば大丈夫です。

 

その中でご自身の興味の出るものを幾つか選択し、

まずはやってみて、良いと思うなら継続することが良いかと思います。

何度も書いておりますが、

「痛いから、キツイから良い」ということはなく、

「気持ち良い伸びを感じる方」がいいです。

 

ただ、ポーズを取るときに、

「ゆっくり息を吸って、ゆっくり吐く」呼吸を行い、

ご自身が揉んでみて硬いと思われる内臓が緩むのを

イメージしながら行うと効果はあがります。

 

ポーズ例

ポーズの動画

https://www.youtube.com/watch?v=pknKPJLvVOQ

いくつかやってみて「これ、私に相性いいかも」と思われたら、

本を読むなり、近くの公民館などの文化サークルが

やっている「ヨガ講座」に参加すると更に良いと思います。

 

内臓を解す方法は他にも食事療法もありますが、これは別途書きたいと思います。

 

基本だけを書きますと、

「如何に一日の中で胃腸や内臓に負担をかけないか」

「一日何時間の休みを取らせるか」

「自分の生活習慣や体質にあった食事をとるか」

「栄養とミネラル・ビタミンを取りつつ、内臓改善をどう図るか」

に尽きると思います。

投稿者: 牧野行洋

東京の渋谷区在住のカウンセラー・気功師の牧野行洋と申します。 高校までは愛知県、大学進学とともに上京し、それ以降は関東圏にいます。 30歳位までは投資系金融会社やネット証券で会社員をしていましたが、気功能力に目覚めて思い切って独立。 さあ、やるぞ!という時に自分の心体がボロボロで80歳台!に老化していることに気づき、それを自己治癒している内に自分の体を通して心体の構造や仕組がよく分かるようになりました。 その過程でカウンセラーやリーディングの能力が開花したり、運動や栄養学などの知識・実践、お遍路や瞑想合宿などの体験をし、それをセッションや施術に応用することで技術が上昇していました。 これからも幅広く学び、お客様の心体の改善能力向上を続けたいと思います。 どうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です