腰痛の原因⑤ストレスや性格の影響

今回は、以下について取り上げます

5.ストレス・激しい性格

「ストレスは万病の元」

前回:腰痛の原因④内臓の不調

次回:腰痛の原因⑥股関節回りの硬さと神経の緊張

 

引き続き、腰痛の原因を書きます。主原因として以下をあげました。

1.頭蓋骨・顎の歪み

2.背骨(頚椎・胸椎・腰椎)の歪み

3.肩・肩甲骨の歪み

4.内蔵の何処かの病気

5.ストレス・激しい性格

6.骨盤・臀部・股関節回りの筋肉の硬さ

7.極度の全身の神経の緊張

 

今回は、以下について取り上げます

5.ストレス・激しい性格

 

「ストレスは万病の元」

2016年6月放送のNHKスペシャルでも「キラーストレス」として、

「ストレスが人命を奪う」ということを科学的に証明された研究発表を

上げていました(内容はストレスからくる鬱病による自殺とかではなく、過度のストレスが脳細胞や血管を破壊する、という内容でした)。

私も常々「ストレスは万病の元」といっております。

人間は脳や心が生み出す「自己認識」でも生活や健康を

保っているので、その機能を悪い方向に持っていく

過度のストレスは最悪人命に関わると思っております。

 

個人的経験でも、会社で働いていた時、上司から「無能の烙印」を

押され、それを延々と何時間もマンツーマンで言われた時は、

体調不良と睡眠障害に悩まされ、もしあの状況は何ヶ月も続いていたと

思うとぞっとします。

 

さて、腰痛の原因としての「ストレス・激しい性格」についてですが、

ストレスに加えて、激しい性格(日常的に、激怒・憂鬱・憎悪などを起こす人。後、完璧主義者や批判大好きや神経質な性格)も

ストレス同様に脳や内臓などにダメージを与えています。

 

その内に書きたいと思っていますが、アーユルヴェーダや

漢方などの伝統医療、オルタナティブ医療では陰陽五行に

基づいた性格などが人体に及ぼす影響について実証経験的に

分析して治療に役立てております。

例えば、怒は肝臓、激情は心臓、悲しみは肺の影響を及ぼすなどです。

 

私も治療や人間観察の経験から、これらの激しい性格の方は病気になりやすく、

周りの人も病気にしやすいです。

 

さて、「ストレス・激しい性格は万病の元」と書きましたが、

まさにどんな病気の原因にもなるのですが、今まで何度か腰痛の

原因になった方を診たことがあるため、主要因の一つにあげております。

 

現代の科学でも「ストレス」の影響の大きさと範囲はいくども取り上げら

れており、その中に腰痛への影響もあると思っております。

 

投稿者: 牧野行洋

東京の渋谷区在住のカウンセラー・気功師の牧野行洋と申します。 高校までは愛知県、大学進学とともに上京し、それ以降は関東圏にいます。 30歳位までは投資系金融会社やネット証券で会社員をしていましたが、気功能力に目覚めて思い切って独立。 さあ、やるぞ!という時に自分の心体がボロボロで80歳台!に老化していることに気づき、それを自己治癒している内に自分の体を通して心体の構造や仕組がよく分かるようになりました。 その過程でカウンセラーやリーディングの能力が開花したり、運動や栄養学などの知識・実践、お遍路や瞑想合宿などの体験をし、それをセッションや施術に応用することで技術が上昇していました。 これからも幅広く学び、お客様の心体の改善能力向上を続けたいと思います。 どうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です