ガンの根治を目指すなら

気功師&カウンセラーの牧野行洋です。

こんにちは。

ガンは日本ではメジャーな死因の一つです。

あなたのご家族やご友人の中に一人位は、係わった方がいると思います。

日本のガン治療は、3大治療法(切除、化学、重放射線)が主な対処方法です。

お医者さんに相談したら、これらの内のどれかか複数の対処を薦められると思います。

今回はそれ以外のガンの代替治療について書きます。

私が知っている方法だけでも、水素、正常分子栄養学、免疫療法、ビタミンc、

ips細胞、ヒーリング等色々あります。

それらの手法を私なりにまとめて、基本的なガン細胞を根絶ですと

1.体温を37度以上にする

2.血液をサラサラにする(炎症や脱酸化)

3.断糖する

4.自己免疫力を上げる

です。

何故、これが有効かというと、ガン細胞増殖の特色は

・体温35度台で繁殖しやすい

・血液がドロドロだとガン細胞が繁殖しやすい

・ガン細胞は糖質が大好物

・免疫力を増殖力が上回っている

の4つです。

なので、この4つの内、1つから複数のやり方を行うと、ガン細胞はミルミル死滅(=根治)するらしいです。

症状が落ち着いたり、完治したら、今度は化学物質治療などで体内に残っている

化学物質などを除去します。

投稿者: 牧野行洋

東京の渋谷区在住のカウンセラー・気功師の牧野行洋と申します。 高校までは愛知県、大学進学とともに上京し、それ以降は関東圏にいます。 30歳位までは投資系金融会社やネット証券で会社員をしていましたが、気功能力に目覚めて思い切って独立。 さあ、やるぞ!という時に自分の心体がボロボロで80歳台!に老化していることに気づき、それを自己治癒している内に自分の体を通して心体の構造や仕組がよく分かるようになりました。 その過程でカウンセラーやリーディングの能力が開花したり、運動や栄養学などの知識・実践、お遍路や瞑想合宿などの体験をし、それをセッションや施術に応用することで技術が上昇していました。 これからも幅広く学び、お客様の心体の改善能力向上を続けたいと思います。 どうぞよろしくお願いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です